ヤクルト山田哲人の四球数に注目!

とっち日記

こんにちは

クリエイターとっちです。

 

クリエイターとっちは、プロ野球が大好きです。

そんなとっちが、今年のプロ野球界において、個人的に密かに気になっている記録があります。

 

それは、

東京ヤクルトスワローズ山田哲人選手の四球数

です!

 

現在の成績は、

63試合で63四球 (06/13現在)

となっています。

 

1試合で1四球の割合となっており、143試合換算では143個の四球になるという計算になりますね。

 

それがどれぐらい凄いのかというと、

現在のプロ野球記録TOP3は、

1 王 貞治 (巨 人)  158
2 王 貞治 (巨 人)  142
3 王 貞治 (巨 人)  138

と、世界のホームラン王が独占している状況であり、当時とは試合数は違いますが、

もう40-50年もこの牙城を崩すことができていません。

 

シーズン前半のバレンティンが離脱する前は、1位の記録を抜けるぐらいハイペースだったのですが、

途中でバレンティンが離脱したり、大型連敗があったりと、徐々に四球獲得数のペースは減ってきてはいます。

 

しかしながら、チームの調子が上がってきて、後ろを打つバレンティンが絶好調になってくれば、

またペースが上がり、1位の記録を抜くこともできるかもしれません!

 

地味な記録かもしれませんが、シーズン終了までどうなるかに注目したいと思います!

 

コメント